X68K.NET TOP ネレイド復活再生産第四次ロット
X68K.NETオンラインショップ「くるくるバビンチョップ」

先月 2002年03月 来月
1 2
03 4 5 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
X68K.NET TOP
X68K.NET::   .
     Admin Diary.
三井住友VISAカード 写メールdeバビンチョ!
■X68K.NET日記天気(埼玉県南部)
--(07日) --(08日)
東の風 くもり 南東の風 雨
0%/ 0%/
10%/ 10%
20%/ 60%/
90%/ 90%
8℃/0℃ 7℃/3℃
HNStenkiJP v0.59

2002年03月03日() [永年日記]

[天気:晴れ]

#1 ネタが無いので電源(030)バラす.

68電源装置リフレッシュ作業:

ここで紹介するのは、電源が昇天する前に68電源ユニットの電解コンデンサをリフレッシュするというものです。
『故障』してしまったものは大抵の場合、電解コンデンサ以外にも被害が及んでおりますので、腕に自信のない方は有志で行われている修理やSHARPに出した方がよいです。
秋月のキットを作れる程度の経験があれば, 下記でやっているような事は多分できますが, 当方は一切, 責任を負いませんのであしからづ.
この時注意したいのは, 68の電源装置は高圧の部分がありますので, コンセントからプラグを抜いてから十分時間が経ってから作業を行う事と, 洗浄液で洗浄した後は乾燥するまで十分待ってから使用を再開するようにして下さい.
しつこい様ですが, その辺に自信のない方は, 有志やSHARPに助けを求めて下さい.
感電に伴う事故には、くれぐれもご注意ください. 電源の修理・実験の際は、めがね・手袋は、最低しましょうね.

この記事は無保証です. この記事を読んで事故に遭遇しても当方は一切, 責任を負いません. 各自の責任において作業してください.

まず電源ユニットのカバーを外して洗浄す.:

キレイにする前に液漏れとかをチェックしておきましょう.
液漏れを起していたら、周辺のダイオードとかが割れていないか注意してみましょう.


洗浄にはサンハヤトの『ヤニクリーン』を使います. 埃もキレイに落ちるので便利〜です.
有機溶剤系の独特の匂いと効能に弱い方は御注意をば(^^;
私はガソリン(ハイオク)からチョメチョメまで大丈夫だけどね〜ん.
(注)汚れのない人生を推奨します.


いやーキレイになって気持ちいーですばーい.

電解コンデンサを抜きまくる.:


部品を抜く時に使う工具達です.
殆どが私が高校生だった頃から現在まで元気に活躍しています。長持ちですねー.
ハンダはすぐなくなっちゃうけどね〜ん.
ここに写っているgootのコテは中のVRをイジると制御温度が自由自在です.(^^)
部品を基板から抜く時のコツとしては, 少しハンダを追加で盛ってからハンダを吸い取るとキレイに抜けます.
また, ちょっと高いですが, 電動のハンダ吸い取り器なんかでやると超簡単です.


電解コンデンサ無くなるとシンプルですねー.
新しく付けるコンデンサは耐温など強いものにしちゃいましょー.

コンデンサ部品リスト(030電源ユニット:純正のもの):

C24
25v1000uf
C27
25v120uf
C28
16v100uf
C25
16v680uf
C40
10v5600uf
C41
10v5600uf
C42
6.3v2200uf
C38
50v3.3uf
C33
16v220uf
C34
6.3v100uf
C31
10v100uf
C35
25v10uf
C9
180v470uf

電解コンデンサとか買ってきました.:

F1の開幕戦も終わって, フゥと一息つく間もなく趣味は並行作業で御座います.


こんな感じ. 電解コンデンサの実装は楽チン.
新しく買ってきた電解コンデンサを入れ替えにょ.
一部, 耐圧・耐温性能のよいものを使います. ネレイドで使ったOS-CONも使います.

電源を納めるケースとファンもキレイにします.:


上で出てきた『ヤニクリーン』を薄めたお湯でウェスを浸しきつく絞って拭きます.
ファンもまだ使えるので綿棒などでキレイにします.
この辺の作業はひたすら手力と根気です.

抜かりなく!:


コネクタ類はこの『接点復活王』でキレイにします.
吹き過ぎると埃を呼ぶので少量にしましょう.

コンセントもキレイに拭きましょう.:


東京電力の『電子ちゃん』にも、満開の『電子ちゃん』にも怒られないようにキレイにします.
そう、これは趣味の世界なのです.

仕上げ.:


筐体の正面向かって左半身に収めて、おしまーい. ふぅ〜〜.. お疲れ様ぁ〜〜(__).
あ、内蔵HDDのコネクタ付けるの忘れた.(^^;
まぁいいや, 使ってないから(ぉ


2002年03月06日(水) [永年日記]

[天気:晴れて暖かかった]

#1 起爆しない68電源装置復活大作戦でバビンチョ!

クランケ:

壊れたSUPERの電源装置が直ったらいいな〜という事で施術に踏み切りました。X68030Inside/Outの付録の回路図とにらめっこしながら『アナログはワカラン!ほげ〜』と趣味を楽しむ私です。

今日の患者さんはこの方、X68000SUPERに内蔵されていたと思われる電源装置です。
症状:待機電源は入り本体正面赤LEDは光るが正面スイッチを入れても起爆してくれない症状。

開けて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜ん♪:

開けてみたらビックリです。まず殆どと言っていい電解コンデンサから液洩れしています。

写真だと分かりづらいのですが、基板上に茶色がかって光ってるのが見えますでしょうか。液洩れして煤けています。

ここも酷い。

ZD31の定電圧ダイオード(ツェナーダイオード)が焦げてます(^^;
ピンボケですみません(^^;

交換部品リスト:

電解コンデンサ全部
ZD31 ツェナーダイオード 6.8V品 NEC RD6.8EB
PC31, PC32 フォトカプラ PC817
このクランケは、これだけの交換で直りました。
PowerControlの一時側で被害が発生したようです。
念のため、2次側のツェナーも交換しておきます。
ZD31 のツェナーについて、5.8V品という情報をWebで見たのですが、X68030Inside/Outの回路図を見る限り、ここは6.7V〜7.3Vの間のモノを使っているようです。
最初、検索したWebを見て5.8V品を探しましたが見つからず、5.6V品を代用したのですが、電源のON/OFFがチャタリングする症状等が出たので『おや?』と思い、調べました。
また、専門的なアドバイスを にゃんさんにして頂きまして、バッチリです!ありがとう御座います。

部品交換後のZD31付近:


洗浄もしたのでピッカピカ!(^^)
にひひひひ、趣味の世界です。

仕上げ:


部品交換を終えて仕上げの洗浄。電解コンデンサは洗浄不可品もあるので要チェックです。私が使っているコンデンサはOKなのでテッカテカになるまでキレイにします。

AC部の電解コンデンサ:


この部分に使う電解コンデンサにあまり大きなモノを選ぶとケースに収まりませんので、この写真のように背の低いタイプを使うとよいでしょう。
今回は低インピーダンスの高級品を奢ってみました。
写真を見て頂ければ分かりますが、もともとの電解コンデンサよりも直径が大きいです。この写真のモノでほぼ限界というか、隣の抵抗などを少し避けさせて実装します。
この辺がコツですかね〜。

結束バンド(ナイロンバンド):


電源部には太い配線が何本もありますので、その結束を解いて作業した後はちゃんと結束し直した方がよいです。
おっと。テレビの画面が写ってしまいましたが、わざとじゃありません(笑
そうですか、アナタもおねティが好きですか、私もです。偶然ですね(ぉぃ

哀れ、4級塩使用高級だったはず電解コンデンサ(ゴミの山):


これまでに復活させた電源装置から取り出した電解コンデンサです。
よーく見ると分かるんですが、液洩れのテカリが(^^;
容量の抜けた電解コンデンサは、そりゃ、コンデンサの役割しませんわなぁ・・・


2002年03月07日(木) [永年日記]

[天気:晴れ、昼間は暖かく圧縮比の低いオイラの車も元気が良かった]

#1 貴様は今日もか!ハイ、すみません。

これは激しい!:

またSUPERなんですが、この燃え方は激しい・・・。
カバー無しで目の前でその瞬間が見れたとしたら、激しい閃光を見る事ができたでしょう・・・え?見たくない?(^^;
洗浄剤吹いて擦ってもダメだった=本格的に焦げてる・・・。

見た目のインパクトの割に被害部品点数は少なかったです。

本日のカルテ:
ZD31
Q53(C1815:見た目の激しさから一応替えておこうという判断)
電解コンデンサ全部

この電源装置も電解コンデンサの状態は酷かったです。下部の充填部が膨張していて今にも破裂しそうになっているものが大半。
いやはや・・・

謎の68電源復活ステータス 4/6 4:4 SUPER:2 030:2


2002年03月08日(金) [永年日記]

[天気:晴れ]

#1 X680x0 電源装置に使う部品

すみません:

問い合わせが多いX68電源(純正)復活作戦の部品についての詳細は、本日の夜までにこの日記に書きますので、お待ち下さい。

友達の X68030 の修理とかしていたもので・・・。

買ってきましたー。交通費が...田舎だから秋葉原遠いねぇ(T_T):

X68電源装置復活でバビンチョ君(仮称)

↑これです。

内容は、

電解コンデンサ各種([ ]内は純正の耐圧/容量):
200V470μF[180V470μF] ... 1
16V6800μF[10V5600μF] ... 2
6.3V2200μF ... 1
25V1000μF ... 1
16V1000μF[16V680μF] ... 1
25V220μF[25V120μF] ... 1
50V3.3μF ... 1
25V10μF ... 1
6.3V100μF ... 1
16V220μF ... 1
16V100μF[一つは純正だと10V100μF](OS-CON) ... 2

C1815 ... 1
TLP541G ... 1
P521 ... 2
超静音ファン ... 1
FANのコネクタ取替用 2pinコネクタ ... 1
2pinコネクタ用端子(1個予備) ... 3
金属皮膜抵抗数種(一部新小型:純正と同等のもの)
ZD31用ツェナーダイオード RD6.8EB 1個

上記パーツを忙しい貴方や、近くに部品が揃う店が無い方の為に代理で購入してきます。
交通費・手数料(150円)込みで6000円です。
ご厚意でジュースを奢ってくれる方、大歓迎(汗

※写真では200Vの電解コンデンサが二つ写ってますが、片方は背の高いタイプ、もう片方は背の低いタイプで、背の低い方だと隣接する抵抗をちょっと押して避けさせなければなりません。
背の高い方の200V電解コンデンサを御希望の方は100円upになります(^^;

超静音ファンが不要な方は1000円引きになります。(実費)

OS-CONでなくてよい方は300円引きになります。

電解コンデンサ類だけでよい方は、4310円になります。
※OS-CON込みです。

現在の在庫数は僅か3セットです。(手元にお金がないので、まとめ買いできませぬ)


電解コンデンサを買える店について。:

問い合わせが多い、電解コンデンサを買える店についてですが、当方で利用させてもらっている、お店を紹介します。

『山王電子』さん:

秋葉原のラジオデパート2F、エスカレーターを上がって右の通路側にあります。
一見、気難しそうな店主ですが、話こむと非常に親切で、普段手に入らないようなパーツの相談にも乗ってくれます。 ネレイドプロジェクトでも途中、部品の不足で危なかったのですが、こちらで助けて頂きました。 私が行くと顔を覚えて下さっているようで、単価が数百円のものでも値引きしてくれて助かります。 秋葉原のパーツ店で一番好きなお店です。
こちらでは、背の低いタイプの低インピーダンスの高級な200V470μFの電解コンデンサや、新小型金属皮膜抵抗(68の純正電源で使われているもの)等を購入できます。
上に書いた他の電解コンデンサも若干在庫あります。

『瀬田無線』さん:

山王電子さんの右隣です。
日本ケミKMG105℃標準品の電解コンデンサの在庫が豊富です。こちらで殆ど揃います。

『三栄電波』さん:

秋葉原駅のガード下のエスアールの通りのお店です。
こちらでは、背の高いタイプの日本ケミKMH105℃200V470μFの電解コンデンサが買えます。


番外編:
ダ埼玉ぁ〜ずにお住まいの我が同胞には、東大宮にある埼玉パーツセンターをオススメします。
納期はちょっと掛かりますが、急ぎでなければ地元で買える店は便利です。
もちろん、ヤニクリーンも在庫しています。
ハンディの自動ハンダ吸い取り機はなんと、秋葉原よりも2000円安く購入できます。
※在庫限り
ネレイドに使えるカードプラーもあります!(^^)/


以上、簡単ではありますが、ご紹介しました。
これでよろしいでしょうか?>問い合わせしてきた方


X68電源修理部品購入OFF:

X68電源装置を修理する部品を購入するOFFをします。
心がX68な方や目の付け所がシャープな方、気分がバビンチョな方が対象です。

参加希望の方は参加できる予定日を書いてこのHPの管理者にメールして下さい。
多数決で開催日を決定します。
開催場所は秋葉原です。
なお、店が閉まっている土日に開催の場合は、前もって私がその店でしか買えない部品を購入しておきます。


2002年03月09日() [永年日記]

[天気:晴れ:日中は暖かくレスポンスびんびん]

#1 そろそろ閉幕

X68電源装置復活大作戦:

いやー面白かったディス!
リフレッシュと修理あわせると全部で6個直りました〜ん。
そのせいで『X68電源修理でバビンチョキット』は残り1個となってしまいました・・・。
(注:自分で使うなよ・・・)

こんなツマラナイ日記コーナーを読んで頂き、質問や応援を下さった皆さん、情報を寄せて下さった皆さんに感謝です!

来週は、『X68純正電源を斬る!』というお題目で私が選択した電解コンデンサの容量や、ちょっとした裏技とか、各部の寸法やコネクタの適合などなど、もう少し詳細な情報を公開するページを作りたいと思います。
故障診断フロチャートみたいなモノも作れればなぁ〜なんて思っています。

皆さんからの質問や情報は随時受け付けておりまする〜。
あとあと、『直ったよ〜!』みたいな報告もお願いします〜。


X68K.NET::   .
     Admin Diary.
X68K.NET top QR code X68K.NET diary QR code
TweetsWind

最近の日記
2018年10月05日
一年半ぶりに更新してみるテスト
2017年03月30日
相変わらず、ぼちぼちでんな
2016年12月05日
決算
2016年09月26日
増資
2016年08月29日
初めての起業を振り返る
2016年08月24日
お久しぶりです
2016年03月25日
増資実施のお知らせ
2016年02月23日
Tuning Revolution R.E.D本店ガレージ・オープン!
2016年02月22日
本当は怖いX68Kの世界PRO-68K
2016年01月08日
メイド服が似合う車好きの女子を募集します
2016年01月06日
X68同人活動の苦難の経験もあるいはこの伏線だったのかも知れない
2016年01月02日
新年おめでとうございます
2015年12月31日
今年も一年ありがとう御座いました。
2015年12月29日
インナーガレージ付の家が欲しいのですが?
2015年12月27日
寒かったですね〜
株式会社106年末年始の営業について
三井住友VISAカード


以上、5 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project



amazonマイショップ
RSS
RSS feed meter for http://x68k.net/diary/

hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5